FC2ブログ
admin⇒

陰気なサーカス

えとぶんしょうをかくそんざい

 | ~home~ | 

第12回東方人気投票についての感想と考察

tohovote12.b12.coreserver.jp/index.php

各部門について順に述べたいと思います。

・人妖部門

去年11回は七年ぶりに東方projectの主人公であり、世界一位の名を欲しいままにしていた博麗霊夢が王者の座から蹴り出され、代わりに地霊殿の壊れた妹、古明地こいしが王者の座に着くという波乱が有りました。
なので12回はもう一波乱あるかと思いきや、蓋を開けてみれば一位に関しては霊夢の圧勝。前回の王者陥落が霊夢ファンに火を付けたのでしょうか。ポイント的にも一押し票数的にもコメント数的にも他を寄せ付けず、世界一位としての格の違いを見せつけた形です。
前回王者こいしは3位へ転落。こいしは深秘録効果でポイントを伸ばしたと思われるので、その効果が切れた結果という形でしょう。しかしながら今後も一桁順位の前半に位置し続けるではないかと予測されます。
2位は魔理沙。やはりツートップは東方の主人公達という事ですね。


さて、もう少し下の方へ視線を移してみましょう。
一桁の順位に位置しているキャラは既に固定ファンを獲得しているので、さほど変動は有りません。変化が見られたのは、10位から人気投票の門番(ゲートキーパー)紅美鈴の居る24位周辺です。
まず前回一桁だった妹紅が10位代へ弾き出され、新作紺珠伝からサグメが乱入したのが目に付きます。
妹紅に関しては深秘録効果のお陰でブーストしただけだったので、定位置に戻った形でしょう。
問題はサグメです。
4ボスという微妙な立ち位置で有りながら、そのカリスマ溢れる佇まいから多くのプレイヤーの印象に残ったようですね。14位に付けてるとは雖も一押し票が少なく、固定ファンを獲得している訳ではないので、今後の外伝に於ける活躍や二次創作での扱われ方に注目していきたいところです。

次に注目したいキャラは23位のクラウンピースです。
こちらも紺珠伝から乱入してきた訳ですが、個人的もう少し上に来るかと思っていました。
多くの紺珠伝プレイヤーはクラウンピース=トラウマといった認識を持っているハズ。
その東方キャラらしからぬ出で立ち、道中のルナティックタイム、歴代5ボス最“狂“と言われる超高難度スペルの応酬、テーマ曲で有る所の星条旗のピエロが非常に強烈なイメージを与えます。
紺珠伝といえばクラウンピースが鬼畜だったという感想が出てくる程です。
人気が伸び悩んだ理由として考えられるのは、あまりに殺されすぎて見るのも嫌になったプレイヤーが居るという事でしょうか。
それにしても、サグメ>クラウンピースは意外でした…。

門外にも少し目を向けてみると、まずルーミアが目に付きます。
人気の紅魔勢ではありますが、スカーレット一行に含まれるわけではありません。一定の支持基盤が有るのは分かりますが、新規のファンを獲得する機会に恵まれているキャラでは無いので、どうしてジワジワと順位を上げているのかは謎です。

個人的に注目したいのは28位の蓮子、51位のメリー、52位の菫子です。
前回人気投票は直前に発表された深秘録が東方本編初の秘封倶楽部に触れた作品であった事もあり、秘封倶楽部関係のキャラがブーストされた訳ですが(蓮子に至っては門番を越える程の大躍進)、見事にその効果が切れてガクンと順位が低下した形です。
現状として東方ユーザーの実に半数程度が原作に触れていないのに、さらにその外伝の神主の曲集にまで触れているユーザーがどれ程居るのかという問題です。秘封倶楽部の支持基盤は少数のコアなファンだけであると考えられます。
その証拠に、人気投票に於いてこれらのキャラは周囲のキャラに比べて一押し票が非常に少ないです。
再び本編で取り上げられない限りは今後もジワジワと順位が下がる事が予測されます。

(あと、77位の易者とか気になりますよね。ネタ枠にしては順位が高すぎる。
易者に負ける本編のキャラって…)


・音楽部門

上位層は変化が無いと思いきや、恋マスパや感情の摩天楼、ラスリモあたりは結構変化していますね。
しかしながら、やはり注目すべきは10位のピュアヒューリーズ~心の在処~でしょう。
新作紺珠伝の6ボス曲な訳ですが、その曲に漂う圧倒的ラスボス感、カリスマ、そして切なさがプレイヤーの心をがっつり掴んだ様子です。ピュアヒューリーズはwin版最長の曲で非常に変化に富んでおり、聴いていて飽きがこないというのも、今回の結果に繋がったのでは無いでしょうか。

次に注目したいのが21位の星条旗のピエロ。
紺珠伝プレイヤーなら嫌でも何10分、何100分と聴かされた曲ですよね…。
不協和音とクセのある旋律が絶妙で、5面の難易度と相まって、頭から離れてくれないでしょう。
こちらも、一部ユーザーにとっては二度と聴きたくもないトラウマ曲になって居ると思います。

そしてまた、個人的注目したいのが天空のグリニッジと少女秘封倶楽部の順位降下です。どちらもCDの曲なので、そも知名度に問題が有るのでしょうが、それにしても下がったなという印象を受けます。秘封離れが深刻…?

あと前々から思っていたのですが、人妖部門で一位の霊夢のテーマ曲の少女綺想曲、二色蓮花蝶はあまり人気が無い。
キャラ人気とテーマ曲の人気に相関関係は薄いようです。


原作によるブーストは大きいのですが、同時に二次創作の影響も極めて大きいのが東方projectです。
たとえば、数年前にアリスが順位を爆上げしたのはニコニコ動画に於いて、にがもん式アリスによるMMDのダンス動画が理由でした。
他にも、風神録4面道中ボスで立ち絵も台詞も存在しない犬走椛は、その人気を構成する要素の殆どが二次創作に依るものです。恐らく、射命丸を支持している層がそのカップリングとして椛にも投票しているかと考えられます。

現在さほど人気の無いキャラで、原作で今後触れられなくても、外伝で登場したり、多くの支持を集める二次創作作品が作られたりすれば、人気が爆発する可能性が有るという事ですね。(恐らく一過性でしょうが)

どうして自分の好きなキャラは人気が無いんだと感じたら、自分で創作してみると、もしかしたら世間に認められ、一躍人気キャラとなれるかもしれませんね。
スポンサーサイト

comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ~home~ | 

プロフィール

clown

Author:clown
動物も居なければ、トランポリンもブランコも無い、道化師1人の演目を御覧あれ。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ

未分類 (1)
ゲーム (9)
同人 (7)
音楽 (3)
雑記 (9)
書籍 (0)

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる