admin⇒

陰気なサーカス

えとぶんしょうをかくそんざい

 | ~home~ | 

貴方はどう思いますか?ご意見、ご感想あったら下さい

昨今、漫画の違法DLが騒がれているらしい。
漫画村だっけ?
名前は聞いたことあるけど、どんなものかは知らなかった。どうやら漫画が違法アップロードされており無料で読めるらしい。これについては他の人がどうこう云ってるだろうし、僕が言及するまでも無い。
僕が今回メインで取り上げたいテーマは、Twitterのトレンドでこれについて調べていたときに見つけたツイートだ。

Screenshot_20180109-145525.png

先に断っておくんだけど、僕はこの人を晒し上げたい訳じゃない。そもそもこのツイートだって無断転載な訳だし。だから、このツイートの主を見つけて叩くなんてことは決してあってはならない

で、このツイート、貴方はどう思いますか?
勿論、決して気持ちのいいものじゃない。同人作家が見たら激怒するんじゃないかな。
でも、少し待って欲しい。怒りに曇った目では何も見いだせないし、何も得られない。

同人作家、というか同人誌を作ったことのある人間なら分かるんだけど、高くしたくて高くしてる訳じゃないんだよね。大手のサークルなら、かなりの部数刷ることが出来るから、印刷の基本料金なんてゴミみたいなものなのかも知れないけれど、小さいサークルでは基本料金って結構馬鹿にならない。30冊、40冊のスケールで作っていると、最低限赤字が出ないぎりぎりのラインを攻めても、表紙カラー本文白黒20ページ前後でも500円程度にはなってしまう。
個人で本を出すって、お金がかかる。

ちなみに、僕がこのツイートを見た時の感想は「そうかもな」です。
そうなんだよね。だってさ、同人誌一冊買える値段でジョジョの奇妙な冒険が一冊買えるんだよ?勿論此処に入るのはジョジョじゃなくてもいい。ドラゴンボールでも、ネウロでも暗殺教室でもなんでもいい。プロの書いた漫画一冊200Pが同じ値段で買えてしまう。
客観的に見てどっちの方が価値が有りますか?
素人の描いた極薄の漫画本と、プロの描いた面白い漫画。
残念ながら後者じゃないかなって思う。
ドラクエで、銅の剣と鋼の剣が同じ値段で、同じ店で売ってたら鋼の剣買うじゃん。だってそっちの方が強いし。
僕は同人小説家だからさらに申し訳ないんだけど、僕のしょうもない本を一冊買うお金が有れば、伊坂幸太郎や森博嗣や綾辻行人のめっちゃ面白い小説が二冊買える。多分、僕の本を買うよりそっちを買った方がQOLも上がると思うよ。


初見の感想は、僕がもし同人活動をしてないごく一般的な漫画ユーザーの見地に立ってのもの。
賢明な人は分かると思うんだけど、上に書いたことは前提が狂ってる。
商業と同人、これは明確に違う。
最近はこの境が不明瞭になってるし、此処の線引きって昔から問題になってると思う。
日々主張してるんだけど、同人活動って儲けるためのものじゃない。自分がその作品からエネルギーを、その作品が好きな同好の士に還元する場だ。「俺はこの作品のこういう所が好きで、こういう解釈をして、こういう表現が面白いと思ったんだけど、お前らはどう?」って云いながら集まって「わかるー」って云いながらニヤニヤする場所だ。
凄くプリミティブなオタクらしい、オタクの為のフィールドなんじゃないだろうか。
個人がごく少数のために作るのが同人誌だ。作家が儲けを出すために大量生産される商業誌とは、全く違うものだというのが一つポイントだろう。
先に云った通り、個人で同人誌を出すってお金がかかる。自分の好きを表現するのも、意外に簡単じゃない。

商業と同人の境界を曖昧にしているファクターの一つとして、同人ゴロの影響があるみたいな話は此処では割愛しよう。人気絵師様が人気コンテンツのキャラを描く。需要が有るから良いとかじゃなくて、そういう同人で金を儲けようってスタンスが同人業界全体を腐らせる……すいません。

先のツイートに戻ろう。
同人作家が趣味で描いた1000円の本に、1000円の価値を見出せる人だけが買えばいい。100円しか出さねぇって云うなら買わなきゃいい。商業と同人は違うんだから、同じ土俵に乗っけて考えちゃ駄目。これがまず結論。

そしてもう一つ、僕らがこのツイートから学ばなきゃいけない事。
それは、僕ら同人作家は一般人から見たらクソ高い本を売ってるって意識を持たなきゃいけないなって事。
1000円の価値を見出せないから、このツイート主はこのように云ってる訳ですよ。お前の本、100円程度の価値しかないだろって云われてますよ。耳が痛い。
高い金かけて作った本を馬鹿高い値段で売ってるんだから、内容に妥協は許されないと思う。ジョジョ一冊と、或いは伊坂幸太郎の陽気なギャングシリーズ2冊と比べた時に、遜色ないなって思えるくらいのクオリティが要求されている。そう思って、僕ら同人作家は作品に向き合わなくちゃいけないなって
好きなんだから、頑張れるはず。気持ちでは負けないように。


個人的に、このツイートは大変気が引き締まるものだったので感謝しています。
が、やっぱりクソ野郎だと思いました。
スポンサーサイト

comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ~home~ | 

プロフィール

clown

Author:clown
動物も居なければ、トランポリンもブランコも無い、道化師1人の演目を御覧あれ。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ

未分類 (1)
ゲーム (9)
同人 (6)
音楽 (3)
雑記 (9)
書籍 (0)

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる