FC2ブログ
admin⇒

陰気なサーカス

えとぶんしょうをかくそんざい

 | ~home~ | 

京都秘封に作品を出すにあたってのアレコレ

最近ずっと小説を書いていて疲れたので、気持ちに整理をつける意味でも放置気味のブログに何か投稿しようかなという気持ち。ブログを一か月以上更新しないと出てくる広告が鬱陶しいというのも有ります。

さて、ついに京都秘封に作品を出せることになりました。
自分のサークル名が、参加サークルリスト一覧に並んでいるのを見た時、どこかそれだけで何かを成し遂げたような気もちになりましたね。まだ何もしていないんですが。
秘封オタクとして、長年の夢だったので、ついに来たかと云った思いが込み上げてきたのを覚えています。

京都秘封に出す作品は、フォーマットとしては小説です。ジャンルは似非哲学SF小説としました。
なんやねんそれって感じですが、自分でもよく分かっていません。
ネタ帳にいくつも書きたい作品の断片的なアイデアがあって、その中で一番自分にしか書けなそうなものを選んだつもりです。
哲学的なテーマを主軸に据えつつもSF的な世界観のお話が書きたい、そんな思いが原点です。
サブテーマでは無いんですが個人的に、エリック・サティの曲が似合いそうな作品にしたいと云うのも一つあります。ジュ・トゥ・ヴやグノシエンヌが似合いそうな、そんな雰囲気を作品から感じさせられたらなって考え、現在誠意執筆中で御座います。

色々忙しく、去年の夏ごろはロボット製作に忙殺されながら
「嗚呼、京都秘封に行きたいなぁ……。どうせなら作品を作って出したいなぁ」なんてぼんやり考えてたような気がします。
ここまでこぎつけられたのもこれのおかげでしょうか

あああああ

この漫画展自体がどうこうではなく、これをきっかけに得難い同好の士を得たのです。
良かったら彼のtwitterとかpixivとかも覗いてみてください。
己くんのtwitter

周りに同人活動をしようという人が誰もいない中で、同人活動をすると云うのはなかなかモチベーションの上がらないものです。
もし彼が居なければ、今頃鼻くそをほじりながら忙しいと自分に言い訳をしながら作品作りに踏み出せずにいたでしょう。
感謝してもしきれないわけですが、現在も彼に原稿の校正をお願いしたりしているので、ますます頭が上がりませんね。

そんな感じで、良き友を得たことが、作品を出すに至る後押しをしてくれたこともありここまで来れた訳です。
現在、進捗としては4割程度ですが、ここから一気に追い込み必ず完成させて見せますので、手に取っていただけたら幸いで御座います。
私の作品が、どうかあなたの心を深くえぐり傷つけるような作品でありますように。
スポンサーサイト

comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ~home~ | 

プロフィール

clown

Author:clown
動物も居なければ、トランポリンもブランコも無い、道化師1人の演目を御覧あれ。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ

未分類 (1)
ゲーム (9)
同人 (7)
音楽 (3)
雑記 (9)
書籍 (0)

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる