admin⇒

陰気なサーカス

≫雑記

 | ~home~ |  next→

レズセックスはセックスなのか?

最近、百合というジャンルが市民権を得てきた気がする。百合を扱った漫画は着実に増えているし、それらがアニメや映画に発展する事もある。大型書店では百合作品のコーナーが出来ている。百合展なる展覧会も紆余曲折を経て開催されている。
確実に、以前よりも百合というジャンルに属する作品を目にする機会が増えているだろう。百合の愛好家として、とても嬉しいものがある。

そんな市民権を得た百合に関して、少し思うところがある。それはタイトルにもある通り、「レズセックスはセックスなのか?」という問いだ。

何云ってんだ?

ここでのセックスは「人間的本能(性欲)に基づいた性行為」と定義する。
ところで、どこかで聞いた話なのだが、オタクが二次元のキャラクタを愛でるのは性欲から来るものらしい。虚勢すると、二次元のキャラクタに興味が無くなるのかな?
性欲って云うのは思ったよりも広い範囲で人の生活に根付いていて、これを排除することはまず不可能だろう。

さて、ここで問題だ。
百合に限らず、同性愛というのは性欲から生じるものなのか?
機能的に子供は出来ない。セックスは出来ない。出来たとしても、それは形式的なもの。子供を作ることをセックスの意味とするならば、その行為に意味は無いだろう。
確かに、パートナーとのコミュニケーションとしてのセックスは有ると思うんですよ。でも、それって結局は人間の根底にある欲求、性欲から生じてるものなんじゃ無いのかな。その辺は人の主観でしか計れない以上、分からないけれど。


少々昔話を。

筆者の後輩にバイセクシャルの男が居た。素行はあまり良くなかったが、高身長でイケメンだ。そんな彼が、きっかけは覚えていないけれど、自分がバイであることを話してくれた。特に驚かなかったと思う。驚く程に自然に受け入れられた。
彼は、性同一性障害の“彼女“が居るんだと写真を見せてくれた。(“彼女“は体が男性のもので、心は女性ようだった)
更に、彼は彼氏が欲しいとも云っていた。元気だなって思った。
筆者はヘテロセクシャルなのでよく分からないのだが、彼氏が欲しい季節と彼女が欲しい季節が有るらしい。興味深いメンタリティだが、ここではその話を割愛する。
「その子、好きなんだ」と月並みな、質問であるかも怪しい問いを投げると、彼は晴れやかな顔で「はい」と云った事を今でも覚えている。


その時、綺麗だなと感じた。何が綺麗なのか、その時は全く分からなかったのだが、確かにそう感じた。
今思うと、彼の「好き」が人間の本能的な部分に基づかない「好き」だから、綺麗と感じたのではないだろうか。人間的な機能とは関係の無い、心から生じた、純粋な「好き」がそこには有ると思う。


閑話休題。

彼の例を挙げて云いたかった事は、同性愛は人間的本能では無く、心から生じたものであるように感じられるという事。
彼らは、恋愛において、人間であるという拘束条件に縛られないのだ。自分の恋愛感情は、自分自身のものだと云い張れるのだ。
それが、少し羨ましく思う。


だらだらと書いたのだが、要するに、レズセックスはヘテロセクシャルにおけるセックスとは違った意味合いを持っていると筆者は考える。
レズセックスはセックスじゃない。無意味だからこそ意味が有る。それを、「尊い」って表現するんじゃないだろうか?


以上、原稿に行き詰まって殴り書きした何かでした。
スポンサーサイト

例大祭が悔しかったってお話

先日の春例大祭にて「メリーの箱庭」という作品を発表しました。陰気なサーカスとして活動を始めてから三作目になります。本記事はその「メリーの箱庭」を執筆するにあたって考えたこと、またイベントの感想等を記したいと思っております。


先ず、例大祭当日のお話から。
売り子をお願いしていた俺とお前とアルコールの己くんに手伝って貰って、設営したり実際に売ったり。
そんな中で悔しかった事が有りました。
まぁ、とても単純な話で、僕の本はそんなに売れなかった。実際、知名度の面でも実績の面でも実力相応の売れ方と云われればそれまでかと思います。でも、僕はとてもショックでした。
今回の作品は会心の出来でした。初めて売りたいと思えるレベルの作品になったと思います。だから、折角だから、多くの人に読んで欲しかったんですよね。
今まで、売れるか売れないかなんてどうでも良くて、読んでくれた人が面白いって思ってくれればそれで良いってスタンスでした。しかし、今回は確かに売れて欲しいって思いがあったみたいです。自分でも、自分の心境の変化に戸惑いを覚えました。売れて欲しいと思うことは女々しいことだと思っていたからです。自分の中に、そういった女々しい部分が有ることが許せず、素直になれませんでした。
イベントが終わったあと、正直倒れそうなくらいショックでした。暫く自暴自棄になりました。弱い部分を自ら自分に突きつけているような感覚でした。
あとから考えると、あれは悔しかったんだと気付きました。僕は、自分の本が売れなくて悔しかったんだと。
少し日を置いて、距離を置いて、ようやく気づくことが出来ました。

自分の中の感情を再度整理すると、その心境の変化は決して悪いものでは無いように思われます。自分の作品を売りたいと思うこと、良い作品が売れて欲しいと思うこと、悔しいと思ったこと、これらをバネに、陰気なサーカスとして活動をしていきたいと思いました。

以上が例大祭当日のお話です。以下、メリーの箱庭のあとがきの補足等々。少しネタバレするかも知れません。


今までの三作品はいずれも「心とは?自分とは?」というテーマのもとで、秘封倶楽部の二人、蓮子とメリーの関係を描いたものです。今作では秘封倶楽部の始まりと終わりにフィーチャーして、監禁という味付けをしながらこのテーマに向き合っています。

作品を書き進めていくうちに、ある問題にぶち当たりました。「百合とは?」という問題です。
広義に百合とは「女性同士の恋愛、あるいはそれに近い親密な関係」の事を指すそうです。成る程ね。
しかし、言葉では分かっていても、それを上手に文章に起こすことが難しいのです。筆者は男です。女性的な感性で女性を見つめ、恋や愛といった感情を想像するのが極めて難しい。「百合、かくあれかし」というテンプレートがあれば良いのですが、当然そんなものはありません。それに、どんな百合でも好きかと問われると、全くそんな事は無かったんですね。例えば、少し前にアニメ化されていたcitrusは百合作品ですが、あまりピンと来ませんでした。

私が始めにしたことは資料探しです。自分が好きな百合とは何なのか、今一度問い直す為、様々な百合作品に触れ、私が佳いと感じるものには一体どのような共通点が有るのかを探りました。
色々と探る中で、琴線に触れたものは3作品程。「加瀬さんシリーズ」「やがて君になる」「ヒメゴト~十九歳の制服~」。
「加瀬さんシリーズ」はピュアで真っ直ぐな百合。受け攻めがはっきりしていて、受けの女の子の可愛らしさと、攻めの女の子の言動の格好良さが魅力的です。
「やがて君になる」は面倒くさい百合。情景描写や表情の変化が素敵で、モヤモヤすると同時に先が気になるような作品です。
「ヒメゴト~十九歳の制服~」は百合作品ではありませんが、百合っぽい表現があるので参考にしました。倒錯的でドロドロした女性的な心理描写が心を深く抉ります。

この3つの共通点?

無いんですね。統一的な方向性が有るわけではなく、好きだから好きって感じ。困り果てました。結局自分がどんな百合が書きたいのか分からない。

1ヶ月くらい書いては消して書いては消してを繰り返し、色々と思い悩みました。
最終的には、まぁ……読んでみて下さい。これがベストかは分かりませんが、これが好きと自信を持って云えます。そんな純粋な百合、純愛が好きな人に読んで貰いたいなってお話。

それとこの作品、電子版を作ろうかと思っています。販売元はDLsiteかboothか分かりませんが、いつか出します。良かったらそちらで読んでみて下さいな。

コスプレAVのすゝめ


・はじめに
「コスプレAV?普通のAVで良くない?」って云う人は結構居ます。コスプレAVを避ける理由としては、そもそもコスプレの良さが分からない、コスプレしているキャラを知らない、色んなものが有るでしょう。しかし、最大の理由は女優がブサイクだからでしょう。
ブスじゃシコれない?
いやいや。そんなんじゃ生きていけませんよ。
でもご安心下さい。私がコスプレAVの楽しみ方を伝授いたします。AVに興味がない人も、コスプレに興味がない人も、みんなコスプレAVを楽しめるようになります。今日からあなたもコスプレAVソムリエの仲間です。


・女優がそこそこ可愛い場合
この場合、素材が良いので特に策を講じずとも利用できるはずなので、大した問題は無いでしょう。しかし、このパターンはごく少数です。コスプレAVに出演している女優はだいたいあまり可愛くありません。適応の範囲が狭い上、必要性も薄いです。より楽しむ方法として読んでいただけたら幸いです。

1.背景を考える
ヤンデレキャラを愛でる感覚に近いでしょう。そのキャラが病む過程、そのバックボーンを考えるような感覚を持ってください。
こんな可愛い女の子がどうしてAVに出ているのか、考えてみましょう。コスプレイヤーというのはおおよそ自分が大好きな方々です。承認欲求を満たしたい余りに道を踏み外し、AVに出演するまでに至ったその壊れた感性を愛でましょう。

2.メンヘラの香りを探す
主に見るのは手首です。リスカ痕を探しましょう。あとは目の下なんかも注意深く見ると良いでしょう。多くの場合濃い化粧で隠れていますが、時々目の隈が見える事があります。きっと抗鬱剤や睡眠導入剤が手放せず、夜もちゃんと寝られていないんでしょう。見えない何かに怯える、その様子を想像してみて下さい。庇護欲をそそりませんか?その様子を映像の中の女優を重ねてみましょう。きっと、より魅力的に見えるはずです。


・女優が可愛くない場合
お待たせいたしました。「女優が可愛くない」の一言でそのAVを投げて欲しくないのです。人生のコンマ数パーセントでも損をするのはもったいない。ブサイクな娘のコスプレAVが楽しめれば、人生は(目に見えない誤差かも知れませんが)きっと楽しくなりますよ。

1.先ずは目をみる
顔や身体をぼんやりと見つめるのではなく、しっかりと女優の瞳を見つめます。俯瞰シーンではどうしようもありませんが、主観シーンでは意識的にやってみて下さい。目がブスってあんまり無いんですよ。じいと見つめていると、次第に親近感を覚えることでしょう。先ずはその女優への心の壁を無くす事です。

2.良いところを探す
ブスでも女の子は女の子です。世の中の見目麗しくない女性でも結婚している方はいっぱい居ますよね。それは、何かしら魅力があるからなのです。爪先から頭のてっぺんまで全部ブスって事は無いんです。
声が可愛い、笑顔がチャーミング、髪が綺麗、肌が綺麗、手が、お尻が、乳首が、性器が、どこでも良いのです。一つ、何か良い所を見つけて下さい。見つけたら、そこと瞳を重点的に見ます。
ブサイクな部分はあまり見ないようにして下さい。どうしても人は悪い所ばかり見てしまう生き物です。しかし、それでは真実は見えません。真実はいつも、目を凝らして注意深く観察しなくては見えないものです。

3.好きなシーンを探す
念入りに上記の1、2行程行ったあなたは、既にブサイクな女優が少しずつブサイクに見えなくなっているはずです。「この娘だったら頼まれれば普通に抱けるな」というラインまで来たらOKです。
女優の動きを注意深く観察しましょう。時折、ハッとするような可愛らしい表情や仕草が見えてくるはずです。恥ずかしそうに目を逸らす様子や、顔を赤らめる様子が不思議と愛おしく思えるでしょう。

4.コスプレしているキャラと重ねる
コスプレしている対象のキャラは基本的に美少女かと思います。ブサイクなキャラのコスプレはあんまり見ません。あのアニメの、ゲームの美少女は、三次元になるとこんな風になってしまうのです。悲しいですか?
いえ、悲しむ必要はありません。
あの手の届かない所にいたあの美少女が、こんなに現実的で、少し手を伸ばせば届くところまで来たのです。むしろ喜ぶべきでしょう。
手が届きそうな親近感、これが大切です。コスプレをしているその娘は決して遠い存在では無いと思うこと。これが、ぐっとAVへの没入感を高めてくれます。

5.繰り返し自己暗示をかける
上記の行程を念入りに行うことで、あなたは既にブサイクな女優が「ブサイクだけど可愛い女優」に見えるようになります。大丈夫、全然イケる。寧ろ普通に付き合いたい。そこまで来たら勝利は目前です。
ここで注意すべきなのが、「でもやっぱりブサイクじゃない?」と我に帰ってしまう事です。こうなってしまったら全ては水の泡。百年の恋も一時に冷める。決して正気になってはいけません。正常な判断力を捨てるのです。可愛いと思うこと、信じる事、これを続けて下さい。

6.気に入ったシーンでフィニッシュ

o0567040212435843278.jpg


以上です。お疲れさまでした。























warning!!

以下の内容は上記のコスプレAVを楽しむ方法の効果を下げる可能性があります。読む場合は自己責任で。












コスプレAVに出演しているのは大体AV女優です。その辺の素人コスプレイヤーを引っ張ってきてってパターンは殆ど無いでしょう。素人っぽく見えるのも、基本的には演技であったり、撮影機材のチープさに起因します。残念ながら、コスプレAVに出演しているのはコスプレイヤーではありません。結局AVってのはフィクションです。
それを踏まえた上で、コスプレAVでキメるかキメないかはあなた次第です。演技でも良い、リアルじゃなくても良い、そう思える人達だけが楽しめる娯楽なのかも知れませんね。
我に返って後日もう一回そのAVを観ると思うんですよね。「え、めっちゃブスじゃん」って。
そういうときは、笑って用意したティッシュで涙を拭きましょう。


よきコスプレAVライフを!

貴方はどう思いますか?ご意見、ご感想あったら下さい

昨今、漫画の違法DLが騒がれているらしい。
漫画村だっけ?
名前は聞いたことあるけど、どんなものかは知らなかった。どうやら漫画が違法アップロードされており無料で読めるらしい。これについては他の人がどうこう云ってるだろうし、僕が言及するまでも無い。
僕が今回メインで取り上げたいテーマは、Twitterのトレンドでこれについて調べていたときに見つけたツイートだ。

Screenshot_20180109-145525.png

先に断っておくんだけど、僕はこの人を晒し上げたい訳じゃない。そもそもこのツイートだって無断転載な訳だし。だから、このツイートの主を見つけて叩くなんてことは決してあってはならない

で、このツイート、貴方はどう思いますか?
勿論、決して気持ちのいいものじゃない。同人作家が見たら激怒するんじゃないかな。
でも、少し待って欲しい。怒りに曇った目では何も見いだせないし、何も得られない。

同人作家、というか同人誌を作ったことのある人間なら分かるんだけど、高くしたくて高くしてる訳じゃないんだよね。大手のサークルなら、かなりの部数刷ることが出来るから、印刷の基本料金なんてゴミみたいなものなのかも知れないけれど、小さいサークルでは基本料金って結構馬鹿にならない。30冊、40冊のスケールで作っていると、最低限赤字が出ないぎりぎりのラインを攻めても、表紙カラー本文白黒20ページ前後でも500円程度にはなってしまう。
個人で本を出すって、お金がかかる。

ちなみに、僕がこのツイートを見た時の感想は「そうかもな」です。
そうなんだよね。だってさ、同人誌一冊買える値段でジョジョの奇妙な冒険が一冊買えるんだよ?勿論此処に入るのはジョジョじゃなくてもいい。ドラゴンボールでも、ネウロでも暗殺教室でもなんでもいい。プロの書いた漫画一冊200Pが同じ値段で買えてしまう。
客観的に見てどっちの方が価値が有りますか?
素人の描いた極薄の漫画本と、プロの描いた面白い漫画。
残念ながら後者じゃないかなって思う。
ドラクエで、銅の剣と鋼の剣が同じ値段で、同じ店で売ってたら鋼の剣買うじゃん。だってそっちの方が強いし。
僕は同人小説家だからさらに申し訳ないんだけど、僕のしょうもない本を一冊買うお金が有れば、伊坂幸太郎や森博嗣や綾辻行人のめっちゃ面白い小説が二冊買える。多分、僕の本を買うよりそっちを買った方がQOLも上がると思うよ。


初見の感想は、僕がもし同人活動をしてないごく一般的な漫画ユーザーの見地に立ってのもの。
賢明な人は分かると思うんだけど、上に書いたことは前提が狂ってる。
商業と同人、これは明確に違う。
最近はこの境が不明瞭になってるし、此処の線引きって昔から問題になってると思う。
日々主張してるんだけど、同人活動って儲けるためのものじゃない。自分がその作品からエネルギーを、その作品が好きな同好の士に還元する場だ。「俺はこの作品のこういう所が好きで、こういう解釈をして、こういう表現が面白いと思ったんだけど、お前らはどう?」って云いながら集まって「わかるー」って云いながらニヤニヤする場所だ。
凄くプリミティブなオタクらしい、オタクの為のフィールドなんじゃないだろうか。
個人がごく少数のために作るのが同人誌だ。作家が儲けを出すために大量生産される商業誌とは、全く違うものだというのが一つポイントだろう。
先に云った通り、個人で同人誌を出すってお金がかかる。自分の好きを表現するのも、意外に簡単じゃない。

商業と同人の境界を曖昧にしているファクターの一つとして、同人ゴロの影響があるみたいな話は此処では割愛しよう。人気絵師様が人気コンテンツのキャラを描く。需要が有るから良いとかじゃなくて、そういう同人で金を儲けようってスタンスが同人業界全体を腐らせる……すいません。

先のツイートに戻ろう。
同人作家が趣味で描いた1000円の本に、1000円の価値を見出せる人だけが買えばいい。100円しか出さねぇって云うなら買わなきゃいい。商業と同人は違うんだから、同じ土俵に乗っけて考えちゃ駄目。これがまず結論。

そしてもう一つ、僕らがこのツイートから学ばなきゃいけない事。
それは、僕ら同人作家は一般人から見たらクソ高い本を売ってるって意識を持たなきゃいけないなって事。
1000円の価値を見出せないから、このツイート主はこのように云ってる訳ですよ。お前の本、100円程度の価値しかないだろって云われてますよ。耳が痛い。
高い金かけて作った本を馬鹿高い値段で売ってるんだから、内容に妥協は許されないと思う。ジョジョ一冊と、或いは伊坂幸太郎の陽気なギャングシリーズ2冊と比べた時に、遜色ないなって思えるくらいのクオリティが要求されている。そう思って、僕ら同人作家は作品に向き合わなくちゃいけないなって
好きなんだから、頑張れるはず。気持ちでは負けないように。


個人的に、このツイートは大変気が引き締まるものだったので感謝しています。
が、やっぱりクソ野郎だと思いました。

最近思った事を列挙するだけ

投稿日時を見て分かる通り、今はクリスマスイブ。こんな時にどうしてこんな記事を書いているのかを申し上げると、現在クソほど体調が悪い。寝て起きて寝て起きて寝るみたいなサイクルを一日の中に詰め込まなくてはいけないくら怠い。
原因はおおよそ明らかで、というかどう考えても冬コミ原稿。脱稿したから良いものの、終わってなかったらマジで死んでたと思う。睡眠時間とSAN値を削って書いたから、良かったら手に取ってくださいな。

cover3.jpg

表紙はこんな感じ。

冒頭数ページ読んで買っていく人が多いからついでに貼っとく。

1 (1)

1 (2)

ちなみに、こんなブログは誰も読まないので、宣伝ではない訳ですね。
主に未来の僕がこれを読み直して「ほえー」って云うため。或いは、未来の陰気なサーカスファンが過去作を漁って、こいつどんな作品書いてんだろうなって思った時の道しるべ。
後者は希望的観測と云う名前の妄想。寝言です。さっきまで寝てたし。




次、最近にわかに界隈を騒がしている単語が有る。それが「バーチャルyoutuber」ってワード。
初めてこの単語を聞いた時は何事かと思ったよね。で、調べてみた。

バーチャルyoutuberとは、YouTube上にて動画の配信活動を行う架空のキャラクターを指す呼称である。

概要
一般的なYouTuberと異なり、現実には存在しないCGキャラクターが動画配信を行っている(という設定)が最大の特徴。キズナアイを筆頭に2017年頃から新しいキャラクターが続々と登場し始めた。

基本的に中の人の詳細は伏せられている事が多い中の人などいない。


(出典:ニコニコ大百科 2017/12/24閲覧)

ふーん。僕はあんまり詳しくないって云うか、「電脳少女YouTuber シロ Siro」と「けもみみVRちゃんねる」しか知らないから、圧倒的な情報不足と偏見に満ち溢れてる。だから見当外れな事を云ってても許して欲しい。正直そんなに興味が無いから、今後これに言及することも無いと思う。
要するに、ボーカロイドやゆっくり実況の延長だろう。何らかのキャラクターの仮面を被って、自己表現をするフィールドの一つ理解した。真新しいようで、コンテンツの根底に流れるものは極めて原始的なもの。顔を出さない萌え声実況者やイケボ実況者が、分かりやすいキャラクターと云う仮面を被っただけのお話。どうして流行ってるのか分からないけど、この昔からあるコンテンツのキャッチ―な真新しさを添加したら、まあ一定の人気は出るのかなって思ったり。



次、君の名は観ました。
新海誠は言の葉の庭、秒速5センチメートルが好きなんで、割と好きなんですけど、記録的な大ヒットかまして天狗になってそうでムカつきますね。アングラで根暗なオタクにそっと支持されてるのが相応しいと思う。
内容も、普通に面白いです。良く出来てると思います。新海誠らしい非リア充感が流れてて良いですね。
でも、記録的な大ヒットかます程か?って思う。
作品の大成功の立役者はやっぱりRADWIMPSの前前前世でしょうね。あの曲、めっちゃキャッチ―ですよ。フルで聞いても納得の良い曲。作中の挿入歌は全部RADWIMPSが提供してて、なんていうかRADWIMPS様様だなぁなんて思った。
が、それらの曲のRADWIMPS感が薄い。BUMP OF CHICKENのパチモンって感じ。
そうじゃないんだよ。
RADWIMPS=前前前世って云って欲しくないんですよ。
RADWIMPSって云ったら、有心論でおしゃかしゃまでマニフェストでコンドームなんだよ。もっと反社会的で異常でやべぇ曲を思い浮かべて欲しいんですよ。



次、同人誌や同人CDの再販について。
気に入ったサークルを見つけた時に、そのサークルの過去作も欲しいなって思うのは当然の心理。でも、そのサークルが過去作に再販を全くかけずに駿河屋で馬鹿みたいなプレミアのついたやつを買わなくちゃいけないってなると、結構しんどい。しかもオタクはプライドが高いので、過去作までちゃんと吟味しないとにわか扱いされそうという強迫観念からそれを買わざるを得ない。僕だけ?
何で再販かけねぇんだよ!買わせてくれよ!って叫びたくなる場面がしょっちゅうある。これがオタクの世界。
自分もサークル活動をするまでは「サークル主が面倒くさいから再販かけないんだろ」とか「サークル主がひねくれものだから再販かけないんだろ」とか思ってたけど、実際に作ってみると分かる事もある。

1,恥ずかしい
過去作を見られるのは恥ずかしい。過去の自分と向き合うのは頗る恥ずかしい。鏡向かって「お前は誰だ」って云い続けるレベルで恥ずかしい。だから、過去作なんて誰にも見られたくない。旅の恥は掻き捨てっていうか、恥はその同人イベントに置いて帰りたい。だから再販なんてかけて自分の過去の恥を自ら掘り返すような真似はしたくないのだ。

2,今の自分を見て欲しい
作品を作るたびに反省が有る。だから、作者はそれを次作品へフィードバックして、より良い作品にしようと云う向上心が有る。前の作品より今作の方が、そして今作よりも次回作の方がより良いものだと云い切れるように努力をする。だから、作者は常に自分の最新作を読んで欲しいのだろう。ユーザーには、いつもより良いものを届けたいと思うのがものづくり精神だから。

という訳で、多分サークル主がひねくれているから再販をかけないのではない。きっと、みんなシャイで向上心に溢れる好人物だからこそ再販をかけないんだろう。
そう云いながら、僕は今日も駿河屋で再販のかからない旧譜を漁る。クソ、ひねくれものめ!


この前に書こうと思っていた記事が2、3ボツにしたからこんなクソ記事になってるけど、本当は奇知に富んだスバラシイ記事書く筈だったんですよね。勿論嘘なんですけど。
あと、イベントが嫌いすぎて冬コミが近づく程に憂鬱になるんですよね。落ちてる人もいるから当然ベストは尽くすんだけど、何とかしてイベント嫌いは治したいですね。

 | ~home~ |  next→

プロフィール

clown

Author:clown
動物も居なければ、トランポリンもブランコも無い、道化師1人の演目を御覧あれ。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ

未分類 (1)
ゲーム (9)
同人 (6)
音楽 (3)
雑記 (9)
書籍 (0)

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる